目のくま と 化粧品カテゴリの記事一覧

化粧品が目のくまの原因となるしみ、しわをつくる

化粧品を目のくまを隠すために使用されている方も多くいらっしゃると思いますが、化粧品の中には目のくまの原因となるしみやしわを増やしてしまう成分が含まれているものもあるのです。
特に最近では紫外線から肌を守るUVカットの化粧品がたくさん見られますが、この紫外線対策として配合される紫外線吸収剤がしみ、しわをつくる原因となるのです。

皆さんご存じのように、紫外線は人体に有害で、肌の老化を促進させ、しみやしわをつくる原因となるお肌の大敵で、オゾン層の破壊により、地上に降り注ぐ紫外線量も年々増加する一方です。
その紫外線対策として、化粧品には紫外線を皮膚に浸入する前に吸収して人体に影響の少ない赤外線や可視光線等に変えて拡散し、防御してくれる紫外線吸収剤が配合されているものが主流となってきました。
しかし、この紫外線吸収剤は紫外線からお肌を守るという点では優れていますが、紫外線吸収剤自体がお肌を痛めてしまう原因となってしまうのです。

紫外線吸収剤はフェノール類が使用されていています。
フェノールは防腐剤に使用され殺菌消毒作用があり、細胞を殺し毒性があります。
紫外線吸収剤はフェノールそのものではないですが、フェノール似た化学構造を持つフェノール系の化合物なのです。
ですから、しみ、しわの原因が紫外線だと思っていたものが、実は化粧品に原因があったということもあるのです。
また、ファンデーションや口紅の色を着けるために配合されているタール色素などもフェノール系の化合物です。
さらに、化粧のノリを良くし、品質を安定させるために、石油から抽出した合成界面活性剤(乳化剤)が配合されていますが、こちらも蛋白質を破壊し、肌荒れの原因となるだけでなく、皮膚から浸透すると人体に悪影響を及ぼしてしまうのです。

ですから、化粧品(特に紫外線対策の化粧品)は肌の持つ基礎体力を損ない、しみやしわを増やす原因となりますので、しみ、しわによって強調される目のくま対策としても長時間の使用、連続使用、毎日使用は控るように心がけましょう。

また、化粧品を選ぶときは、お肌のことを本当に考えている化粧品をお探し下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。