目のくま 対策、解消法カテゴリの記事一覧

生活習慣を改善して目のくま解消

目のくまの主な原因は目の周辺の血行が悪いためにみられるケースです。
血行不良による目のくまを改善するためにはまず、血流が悪くなる原因となる生活習慣を変えなければなりません。

目のくまの天敵!睡眠不足

最も大事なのはやはり睡眠を十分とることで、睡眠不足になると自律神経のうち緊張しているときなどに作用する交感神経が過度に働いて、血管を収縮させてしまいますので、血流が悪くなって目のくまができてしまいます。
だからといって、単に睡眠時間を長くすればよいのかといえばそうではなくて、質の良い睡眠が求められます。
理想的な睡眠時間は7時間といわれていて、毎日決まった時間に規則正しく就寝、起床することが必要となります。
睡眠を十分にとって、精神的なストレスをため込んだり、過労にならないように、適度な運動などでストレス発散しましょう。


お風呂も最近ではシャワーだけですましてしまう方が特に若い人に多いようですが、きちっと入浴して暖まるようにしましょう。
入浴は血行をよくするだけでなく、気持ちをリラックスさせて自律神経のバランスを整えてくれます。
熱すぎるお湯は心臓に負担をかけてしまい、また脳を目覚めさせて逆効果になることがあります。
眠る前にぬるめのお湯にゆっくりつかると効果的です。
リラックスできないまま就寝すると、なかなか寝付けなかったり、眠りが浅かったりと睡眠にも悪影響を与えてしまいます。


また、タバコの喫煙も毛細血管を収縮させて血行を悪くし、目のくまがおこる原因となりますので、できるだけ控えるようにしましょう。


温冷交代法で目のくま対策

温冷交代法は目のくまが血行不良によりできている青クマ場合の対策法です。
やり方はいたって簡単で、熱いタオルと冷たいタオルを用意して3〜5分間、交互に目の付近にあてるだけです。
暖かいものと冷たいものを交互にあてると、意図的に血管を拡大・縮小させることができますので、血流が促進され目周辺の血行が良くなって、目のくまを目立たなくします。
冷たいタオルは冷水又は氷水を用意しておき、タオルがぬるくなってくるとまた冷やして使います。
熱いタオルは濡れたタオルを電子レンジで1分程温めると簡単にできます。

タオルが面倒という方は、温冷両用アイマスクというのが数百円で販売されていますので、これを温用と冷用2つ用意して利用すれば手間が省けて便利でしょう。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。