目のくまの原因となる顔のたるみ…その原因は頭皮にあり

目のくまは、目の下のたるみが目袋を作ったり、しわをつくったりして目の下に影ができることによって強調されます。
ですから、顔全体のたるみを改善すると、目の下のたるみも解消されて目のくまも目立たなくなるのです。
一般的には顔のたるみを取るための対策として、肌のはりをを与えてたるみを改善する化粧品を使用したり、顔をマッサージしたり、コラーゲンなどのサプリメントを利用してみたりといったたるみをおこしている顔自体を改善するための方法をとられていることと思われます。
これはこれでよいのですが、実は顔のたるみを起こしている原因として、頭皮のたるみが大きく係わっていることがわかっていてます。
顔のたるみの原因の約70%が頭皮のたるみが関係していると言われているぐらいです。

顔には表情筋と呼ばれる筋肉があって、この筋肉によって私たちは豊かな表情をつくることができます。
この表情筋は、背中、肩、首筋、後頭部にかけて広がる僧帽筋と頭部を介して筋膜でつながっていて、僧帽筋が表情筋を引っ張り上げています。
つまり、僧帽筋の伸縮性がなくなると表情筋を支えきれなくなり、顔にたるみがでてくるのです。
ですから、頭皮の下に集中する僧帽筋の腱の緊張をほぐして正常な状態にしてあげると、頭皮のたるみが改善し、さらに顔のたるみも改善されるので、目の下のたるみが強調する目のくまの改善につながるということです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。