フェイスリフトによる目のくま治療

フェイスリフトとは、特殊な糸を針で皮下に通し、目のくまの原因となる皮膚の余分なたるみを筋膜ごと引き上げ、頬や目元、目の下など顔全体のたるみを取り除く方法です。
顔面の皮膚の下には脂肪層が存在し、その中に表在性筋膜といわれる喜怒哀楽などの顔の表情を変える側頭部から頚部まで連続する表情筋群があります。
この表在性筋膜群をフェイスリフトによって引き上げることで、顔のたるみがなくなり、飛躍的な若返り効果が現れるのです。
目の下のたるみは目のくまを強調する影をつくり、顔の表情にかなりの悪影響を与えてしまいますので、フェイスリフトは目のくま治療としても効果が高い治療法といえます。

フェイスリフトのメリット

フェイスリフトのメリットは一度行えばたるみをなくす効果が長く持続することです。
フェイスリフト効果の持続期間は使用する糸によっても異なりますが、金の糸で約10〜15年間、アプトス、ワプトス、ハッピーリフト約5年間もあるといわれています。
また、髪の毛の生えている頭部や髪の毛で隠せる部位で切開しますので傷跡は目立ちません。


フェイスリフトのデメリット

フェイスリフトのメリットは手術後正常な状態に戻るまでの時間がかかることです。
フェイスリフトの手術後は顔に針を通した赤い点状のあとが残って、だんだん赤く腫れ上がり、この状態が取れるまで約2週間から1ヶ月ぐらい要してしまいます。
ですから、時間的な余裕がない方にはフェイスリフトは向いていません。


フェイスリフトの料金は、切開する場所、使用する糸など治療内容によってかなり開きがありますが、約20〜100万円が相場のようです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。