ビタミンEの血流改善による目のくま対策

目のくまは、寝不足などにより血流が悪くなって、うっ血したどす黒い血液の色が薄い目の下の皮膚から透けて見えることが1つの原因として挙げられ、一般的に「青くま」と呼ばれるタイプの目のくまです。
ビタミンEは、血行不良が原因でおこるしもやけや痔などを改善するために使用されることで知られているように、毛細血管の血流を改善する働きがあります。
つまり、ビタミンEで血行が良くなると、青くまと呼ばれる目のくまが解消される訳です。

また、ビタミンEには、脂肪が酸化して有害な過酸化脂質になってしまうことを防ぐ「抗酸化作用」があります。
しみは、体内に過酸化脂質が増えることでできやすくなることが確認されていますので、メラニン色素沈着によって強調される目のくまにも効果があるといえます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。