ビタミンCの美肌効果で目のくま対策

ビタミンCは、新鮮な野菜や果物に多く含まれるビタミンで、ビタミンCが不足すると、皮膚や歯ぐきなどからの出血や貧血、疲労といった症状が起こる病気である壊血病になることが知られています。
ビタミンCの体内での働きや効果は、抗酸化作用、解毒作用、アミノ酸代謝に関与、コラーゲン生成促進作用、メラニン抑制作用、白内障予防作用、鉄の吸収を高める、などが挙げられますが、このなかで特に目のくま予防や目のくま改善と関係が深いのがコラーゲン生成促進作用メラニン抑制作用でしょう。

ビタミンCでコラーゲンをたっぷり作り目のくまを解消!

コラーゲンは細胞同士を結びつける働きをしていて、特に皮膚の真皮層ではコラーゲンが網目状に張り巡らされていて、お肌の張りやツヤを保ってくれている成分です。
ですから、コラーゲンが減少してお肌の張りやツヤがなくなるとたるみやしわができますので、たるみやしわが目の下でおこると、目の下に影ができて目のくまを強調させる原因となるのです。

ビタミンCはこのようなコラーゲンが体内で合成される上で無くてはならない成分なのです。
冒頭で述べた壊血病も、ビタミンCが組織間をつなぐコラーゲンや象牙質、骨の間充組織をつくるために必要不可欠なビタミンであって、不足すると細胞が弱くもろくなり、血管などが破れやすくなるために、出血などの症状が現れるてくる訳です。

つまり、ビタミンCを十分摂取してコラーゲンを作ってあげれば、お肌のたるみやしわが減少して、たるみやしわがつくる目の下の影が原因となる目のくまを取り除けるのです。


ビタミンCでメラニンを抑制して目のクマを解消!

太陽からの紫外線を浴びたり、目の周りをごしごしこすったりすると、肌の細胞内でメラニン色素が合成されます。
このメラニン色素は、正常に新陳代謝が行われていると、時間がたてば消えるのですが、肌の新陳代謝に異常が起こると消えなくなり、シミやそばかすとして残ってしまいます。
シミやそばかすが目の下にできると、目の下が茶色くなり、いわゆる茶くまと呼ばれる目のくまが形成されてしまいます。

ビタミンCにはメラニン色素の合成を抑制する働きがあり、また一度できたシミやそばかすも薄くする作用がありますので、目の下の茶くま解消に効果があるのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。