温冷交代法で目のくま対策

温冷交代法は目のくまが血行不良によりできている青クマ場合の対策法です。
やり方はいたって簡単で、熱いタオルと冷たいタオルを用意して3〜5分間、交互に目の付近にあてるだけです。
暖かいものと冷たいものを交互にあてると、意図的に血管を拡大・縮小させることができますので、血流が促進され目周辺の血行が良くなって、目のくまを目立たなくします。
冷たいタオルは冷水又は氷水を用意しておき、タオルがぬるくなってくるとまた冷やして使います。
熱いタオルは濡れたタオルを電子レンジで1分程温めると簡単にできます。

タオルが面倒という方は、温冷両用アイマスクというのが数百円で販売されていますので、これを温用と冷用2つ用意して利用すれば手間が省けて便利でしょう。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。