色素が沈着するためにできる目のくま

紫外線や赤外線によって目の下の皮膚がダメージを受けたり、化粧品の成分によって皮膚が刺激を受けると、メラニン色素が体を守ろうと現れてきます。
このメラニン色素は正常に代謝されると消えて無くなるのですが、代謝に異常が起こると皮膚に色素が沈着してしまい、茶色のシミができてしまいます。
このシミが目のくまとして見えてしまう、または目のくまを強調してしまい、一般的に「茶くま」と呼ばれています。

この場合の目のくまは、皮膚自体に色素がついてしまうことが原因ですので、一度沈着してしまうと簡単には消えません。
洗顔時やメイクを落とすときに目をごしごしとこすりすぎたり、目のかゆみでこすったりすることも色素を沈着させて目のくまを際だたせる要因となりますので、注意が必要です。
ですから、目の血行をよくするために目の周りをマッサージするのはよいことですが、こすりすぎると逆効果になってしまいますのほどほどにしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。