血行が悪いために起こる目のくま

目のくまは血液の酸素不足


皆さんご存じのように、血液は赤い色をしています。
これは血液の成分である赤血球の中にあるヘモグロビンという赤い色素の色です。
ヘモグロビンは酸素を運ぶ役割をしていて、酸素と結合するときれいな赤色をしているのですが、酸素の結合が離れてしまうと暗赤色になってしまうのです。
つまり、酸素不足の血液の暗い赤色が、薄い目の下の皮膚を通し黒ずんで見えているのです。
その上、目の周辺には毛細血管がたくさん集まっていて、血液がうっ血しやすく、目のくまができやすい条件が重なっています。


目の下の血行が悪くなっておこるくまの原因は?

血液中の酸素が欠乏する最も一般的な原因は、睡眠不足です。
睡眠不足になると体の細胞に絶えず酸素とエネルギーを供給してあげなければなりませんので、酸素が不足してきて暗赤色の血液が目のくまとして現れてきます。
また、疲労やストレスによっても血液が酸素不足となり、目のくまの原因となります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。