皮膚の状態が原因でできる目のくま

目のくまは目の下の皮膚が薄いためにみえる

目のくまができる根本的な原因は、その薄い皮膚にあります。
目の下の皮膚はとても薄くて、約0.3〜0.6mmしかないため、皮膚の下にある血管や筋肉の色が表面に見えてしまいます。
この血管や筋肉の色が黒ずんでいると、目の下のくまとして現れてくるのです。
目の下の皮膚は、加齢とともに薄くなる傾向がありますので、年を重ねるほど目のくまもはっきりと見えてくるようになります。


目のくまは目のたるみで強調される

目の下にたるみがあると、このたるみが目の下に影をつくってしまいますので、目のくまとして現れてきます。
この状態を医学用語ではbaggy eye(袋のような目)と呼ばれており、目の下がたるむことで袋のような膨らみができる状態を言い表しています。
目の下のたるみは、目の下の過剰脂肪が原因であって、遺伝的に生まれもって目の下が膨らんでいることもありますが、一般的には年齢と共にヒアルロン酸やコラーゲンといった皮膚を支えている構造組織が減少していき、張りや弾力を失うためにたるんでいくので、目のくまが目立つようになっていくのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。