生活習慣を改善して目のくま解消

目のくまの主な原因は目の周辺の血行が悪いためにみられるケースです。
血行不良による目のくまを改善するためにはまず、血流が悪くなる原因となる生活習慣を変えなければなりません。

目のくまの天敵!睡眠不足

最も大事なのはやはり睡眠を十分とることで、睡眠不足になると自律神経のうち緊張しているときなどに作用する交感神経が過度に働いて、血管を収縮させてしまいますので、血流が悪くなって目のくまができてしまいます。
だからといって、単に睡眠時間を長くすればよいのかといえばそうではなくて、質の良い睡眠が求められます。
理想的な睡眠時間は7時間といわれていて、毎日決まった時間に規則正しく就寝、起床することが必要となります。
睡眠を十分にとって、精神的なストレスをため込んだり、過労にならないように、適度な運動などでストレス発散しましょう。


お風呂も最近ではシャワーだけですましてしまう方が特に若い人に多いようですが、きちっと入浴して暖まるようにしましょう。
入浴は血行をよくするだけでなく、気持ちをリラックスさせて自律神経のバランスを整えてくれます。
熱すぎるお湯は心臓に負担をかけてしまい、また脳を目覚めさせて逆効果になることがあります。
眠る前にぬるめのお湯にゆっくりつかると効果的です。
リラックスできないまま就寝すると、なかなか寝付けなかったり、眠りが浅かったりと睡眠にも悪影響を与えてしまいます。


また、タバコの喫煙も毛細血管を収縮させて血行を悪くし、目のくまがおこる原因となりますので、できるだけ控えるようにしましょう。


ヒアルロン酸注入による目のくま治療法

ヒアルロン酸注入はヒアルロン酸を皮膚に注入することで皮膚のたるみを改善し、目の下のくぼみによる影で目のくまが強調されている状態を改善できます。
ヒアルロン酸は、皮膚や関節、目などに多く含まれる成分で、保湿力が強く、組織の弾力性を維持するために重要な役割をしています。
皮膚の真皮層では、コラーゲンとエラスチンが造る網目状の繊維の間を埋める形でヒアルロン酸が存在して、水分をたっぷりと抱えることで肌のみずみずしさや肌のはり保ちます。
逆にいえば、ヒアルロン酸が欠乏することで、肌に肌に潤いがなくなりシワができやすくなるのです。

ヒアルロン酸注入によるメリットは、注入すればすぐに目のくまが改善できる速効性があることです。
注入するだけですので、施術も10分程で終わり、治療後すぐに通常の生活ができます。
デメリットは、コラーゲン注入よりは効果は長いものの、一度ヒアルロン酸を注入しても約3〜6カ月くらいでヒアルロン酸が体内に吸収されてしまい元に戻ってしまうことです。
ヒアルロン酸注入後は内出血をおこす場合がありますが、すぐに消えてしまいますので心配はいりません。
ヒアルロン酸注入は目のくま治療の場合であれば約4万円が相場のようです。

化粧品が目のくまの原因となるしみ、しわをつくる

化粧品を目のくまを隠すために使用されている方も多くいらっしゃると思いますが、化粧品の中には目のくまの原因となるしみやしわを増やしてしまう成分が含まれているものもあるのです。
特に最近では紫外線から肌を守るUVカットの化粧品がたくさん見られますが、この紫外線対策として配合される紫外線吸収剤がしみ、しわをつくる原因となるのです。

皆さんご存じのように、紫外線は人体に有害で、肌の老化を促進させ、しみやしわをつくる原因となるお肌の大敵で、オゾン層の破壊により、地上に降り注ぐ紫外線量も年々増加する一方です。
その紫外線対策として、化粧品には紫外線を皮膚に浸入する前に吸収して人体に影響の少ない赤外線や可視光線等に変えて拡散し、防御してくれる紫外線吸収剤が配合されているものが主流となってきました。
しかし、この紫外線吸収剤は紫外線からお肌を守るという点では優れていますが、紫外線吸収剤自体がお肌を痛めてしまう原因となってしまうのです。

紫外線吸収剤はフェノール類が使用されていています。
フェノールは防腐剤に使用され殺菌消毒作用があり、細胞を殺し毒性があります。
紫外線吸収剤はフェノールそのものではないですが、フェノール似た化学構造を持つフェノール系の化合物なのです。
ですから、しみ、しわの原因が紫外線だと思っていたものが、実は化粧品に原因があったということもあるのです。
また、ファンデーションや口紅の色を着けるために配合されているタール色素などもフェノール系の化合物です。
さらに、化粧のノリを良くし、品質を安定させるために、石油から抽出した合成界面活性剤(乳化剤)が配合されていますが、こちらも蛋白質を破壊し、肌荒れの原因となるだけでなく、皮膚から浸透すると人体に悪影響を及ぼしてしまうのです。

ですから、化粧品(特に紫外線対策の化粧品)は肌の持つ基礎体力を損ない、しみやしわを増やす原因となりますので、しみ、しわによって強調される目のくま対策としても長時間の使用、連続使用、毎日使用は控るように心がけましょう。

また、化粧品を選ぶときは、お肌のことを本当に考えている化粧品をお探し下さい。

温冷交代法で目のくま対策

温冷交代法は目のくまが血行不良によりできている青クマ場合の対策法です。
やり方はいたって簡単で、熱いタオルと冷たいタオルを用意して3〜5分間、交互に目の付近にあてるだけです。
暖かいものと冷たいものを交互にあてると、意図的に血管を拡大・縮小させることができますので、血流が促進され目周辺の血行が良くなって、目のくまを目立たなくします。
冷たいタオルは冷水又は氷水を用意しておき、タオルがぬるくなってくるとまた冷やして使います。
熱いタオルは濡れたタオルを電子レンジで1分程温めると簡単にできます。

タオルが面倒という方は、温冷両用アイマスクというのが数百円で販売されていますので、これを温用と冷用2つ用意して利用すれば手間が省けて便利でしょう。



フェイスリフトによる目のくま治療

フェイスリフトとは、特殊な糸を針で皮下に通し、目のくまの原因となる皮膚の余分なたるみを筋膜ごと引き上げ、頬や目元、目の下など顔全体のたるみを取り除く方法です。
顔面の皮膚の下には脂肪層が存在し、その中に表在性筋膜といわれる喜怒哀楽などの顔の表情を変える側頭部から頚部まで連続する表情筋群があります。
この表在性筋膜群をフェイスリフトによって引き上げることで、顔のたるみがなくなり、飛躍的な若返り効果が現れるのです。
目の下のたるみは目のくまを強調する影をつくり、顔の表情にかなりの悪影響を与えてしまいますので、フェイスリフトは目のくま治療としても効果が高い治療法といえます。

フェイスリフトのメリット

フェイスリフトのメリットは一度行えばたるみをなくす効果が長く持続することです。
フェイスリフト効果の持続期間は使用する糸によっても異なりますが、金の糸で約10〜15年間、アプトス、ワプトス、ハッピーリフト約5年間もあるといわれています。
また、髪の毛の生えている頭部や髪の毛で隠せる部位で切開しますので傷跡は目立ちません。


フェイスリフトのデメリット

フェイスリフトのメリットは手術後正常な状態に戻るまでの時間がかかることです。
フェイスリフトの手術後は顔に針を通した赤い点状のあとが残って、だんだん赤く腫れ上がり、この状態が取れるまで約2週間から1ヶ月ぐらい要してしまいます。
ですから、時間的な余裕がない方にはフェイスリフトは向いていません。


フェイスリフトの料金は、切開する場所、使用する糸など治療内容によってかなり開きがありますが、約20〜100万円が相場のようです。

カシスの目のくま改善効果

カシスは、リキュールやジャムなどの加工品としてなじみの深いベリーの一種で、ビタミンやミネラルなど栄養が豊富に含まれています。
なかでも特に注目されているのが、抗酸化作用の強いポリフェノールが豊富に含まれていることで、赤紫色色素であるアントシアニンがブルーベリーの約3倍も含まれていて目によい素材として注目されつつあります。

カシスに含まれるアントシアニンは4種類あり、そのうち2種類はブルーベリーには含まれていないカシス特有のアントシアニンです。
このカシス特有のアントシアニンに、末梢血管の血流を改善する働きが確認されています。
ですから、目のくまの原因の1つである、血行不良によってうっ血したどす黒い血液が目の下の薄い皮膚から見える、青くまと呼ばれる目のくまの改善に効果がある訳です。


ビタミンEの血流改善による目のくま対策

目のくまは、寝不足などにより血流が悪くなって、うっ血したどす黒い血液の色が薄い目の下の皮膚から透けて見えることが1つの原因として挙げられ、一般的に「青くま」と呼ばれるタイプの目のくまです。
ビタミンEは、血行不良が原因でおこるしもやけや痔などを改善するために使用されることで知られているように、毛細血管の血流を改善する働きがあります。
つまり、ビタミンEで血行が良くなると、青くまと呼ばれる目のくまが解消される訳です。

また、ビタミンEには、脂肪が酸化して有害な過酸化脂質になってしまうことを防ぐ「抗酸化作用」があります。
しみは、体内に過酸化脂質が増えることでできやすくなることが確認されていますので、メラニン色素沈着によって強調される目のくまにも効果があるといえます。

プラセンタ注入による目のくま治療

プラセンタとは、人間の胎盤から抽出された成分で、お腹の中の赤ちゃんが発育成長するために必要な栄養素や細胞分裂を促進させる成長因子がたっぷりと含まれています。
プラセンタは、新陳代謝や血行を促進して免疫力、自然治癒力を高める効果があり、肝炎や更年期障害の治療薬として広く用いられてきましたが、細胞の新陳代謝を活性化する作用がお肌のトラブルを改善し、美肌効果があるとして美容の分野で注目を浴びています。

プラセンタを注入することで、お肌の新陳代謝が活発になり、色素沈着による目のくまを改善してくれ、また体の中の血液の循環をよくすることで血行不良による目のくまにも効果をあらわします。
注入するだけですので、5〜10分ぐらいで時間をとりません。
ただし、プラセンタ注射は効果は長続きしませんので、維持していくために1〜2週に1回くらい注入が必要となります。

プラセンタ注射の料金は、1回約2千円といったところのようです。

フォトフェイシャルによる目のくま治療

フォトフェイシャルとは、お肌にダメージを与える紫外線の波長を除いた特殊な光を皮膚に照射することで、しみ、そばかす、くすみ、しわなどのお肌のトラブルを改善するメディカルスキンケアです。
光のエネルギーによって皮膚を活性化して、沈着したメラニン色素を消したり、コラーゲンの再生を促したりします。
ですから、しみやそばかすによる茶くまといわれる目のくまやお肌のたるみやしわによって強調される目のくまに効果があります。

フォトフェイシャルは、皮膚への負担が少なく、痛みもほとんど感じませんので、比較的安全な治療法だといえます。
また、フォトフェイシャルの1回の施術時間は約15〜20分程度で時間的な制約はそれほどありませんので、お仕事をされている方でもご利用できるかと思います。
施術後もすぐ洗顔やメイクもできます。
だいたい3週間おきに5回程度行うと効果がよくあらわれるようで、目のくまが薄くなっていくのを実感できるのではないでしょうか。

欠点は効果があらわれるのが遅く、濃いしみやそばかす、深いしわでは効果があまりでないこともあります。。
3週間おきに5回ということであれば、約3、4カ月かかってしまう訳です。

フォトフェイシャルの料金は1回約2万円〜6万円ぐらいのようです。

ビタミンCの美肌効果で目のくま対策

ビタミンCは、新鮮な野菜や果物に多く含まれるビタミンで、ビタミンCが不足すると、皮膚や歯ぐきなどからの出血や貧血、疲労といった症状が起こる病気である壊血病になることが知られています。
ビタミンCの体内での働きや効果は、抗酸化作用、解毒作用、アミノ酸代謝に関与、コラーゲン生成促進作用、メラニン抑制作用、白内障予防作用、鉄の吸収を高める、などが挙げられますが、このなかで特に目のくま予防や目のくま改善と関係が深いのがコラーゲン生成促進作用メラニン抑制作用でしょう。

ビタミンCでコラーゲンをたっぷり作り目のくまを解消!

コラーゲンは細胞同士を結びつける働きをしていて、特に皮膚の真皮層ではコラーゲンが網目状に張り巡らされていて、お肌の張りやツヤを保ってくれている成分です。
ですから、コラーゲンが減少してお肌の張りやツヤがなくなるとたるみやしわができますので、たるみやしわが目の下でおこると、目の下に影ができて目のくまを強調させる原因となるのです。

ビタミンCはこのようなコラーゲンが体内で合成される上で無くてはならない成分なのです。
冒頭で述べた壊血病も、ビタミンCが組織間をつなぐコラーゲンや象牙質、骨の間充組織をつくるために必要不可欠なビタミンであって、不足すると細胞が弱くもろくなり、血管などが破れやすくなるために、出血などの症状が現れるてくる訳です。

つまり、ビタミンCを十分摂取してコラーゲンを作ってあげれば、お肌のたるみやしわが減少して、たるみやしわがつくる目の下の影が原因となる目のくまを取り除けるのです。


ビタミンCでメラニンを抑制して目のクマを解消!

太陽からの紫外線を浴びたり、目の周りをごしごしこすったりすると、肌の細胞内でメラニン色素が合成されます。
このメラニン色素は、正常に新陳代謝が行われていると、時間がたてば消えるのですが、肌の新陳代謝に異常が起こると消えなくなり、シミやそばかすとして残ってしまいます。
シミやそばかすが目の下にできると、目の下が茶色くなり、いわゆる茶くまと呼ばれる目のくまが形成されてしまいます。

ビタミンCにはメラニン色素の合成を抑制する働きがあり、また一度できたシミやそばかすも薄くする作用がありますので、目の下の茶くま解消に効果があるのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。